太陽光発電 今月末(2012年4月末)から各メーカーとも一斉値下げの予定 

平成24年度の太陽光発電の補助金概要が発表されました。

平成23年度からの大きな変更点は、補助金額を受けられる1kW当たりのシステム価格が大幅に引き下げられた事だと思われます。

平成23年度
1kWあたりのシステム価格が60万円以下のものに1kwあたり48,000円の補助金
 例えば 3.5kw の太陽光発電システムであれば、システム総額は210万円以下である必要があります。
 ↓
平成24年度は
1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のものには 3.0万円/kWの補助金
1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のものには 3.5万円/kWの補助金
となります。

そのため今年度からは例えば 3.5kw の太陽光発電システムであれば、システム総額は一気に下がって166万円以下にする必要があります。

各メーカーとも、1kwあたりのシステム価格が47.5万円以下になるように、各部材の値下げ指示が出ているようです。

太陽光発電の設置をご検討の場合、今契約すると補助金ももらえませんしもう1ヶ月くらい待ってから契約する事をお勧めします。

参考リンク
J-PEC 太陽光発電普及拡大センター



 にほんブログ村 経済ブログへ